Fw:槻木駅東口で朝宣伝

写真.JPG
今日の朝は槻木駅東口で宣伝。風は冷たいけどタクシーの運転手のみなさんやボランティアで清掃されているみなさんの反応は暖かい。どうもありがとうございます。


七ヶ宿町で訪問・宣伝活動

121021_1529~01.JPG
七ヶ宿町の吉田さんとともに関地区で宣伝&訪問活動に取り組みました。

町の人口は宮城県で最も少ない約1800人。一人一人の顔が見える町で農作物のおすそ分け風景が見えます。

行く先々で共産党への期待、日頃からがんばっている吉田さんへの激励が多く寄せられました。

山間地らしい冷たい風が吹き、ストーブを出し始めたという住民の方が多くおられました。

その風の中をマイクとビラを持ち、2時間半話し、訪ねながら歩き続け、「旅番組みたい」という声もありました。

宣伝カーがない時代、そして山村での演説はこうして地道に訪ね歩いたのだろうかと考えながらの活動でした。

蔵王町各地で宣伝

DSC_0775.JPG
今日は岩沼南後援会のいも煮会に参加した後、蔵王町で平間たけよし議員と街頭宣伝に取り組みました。

途中で、ございんホールで行われている秋の産業まつりにおじゃまし、各ブースや屋台で奮闘されているJAや農家のみなさまにご挨拶させていただきました。

ある商工会の方は「赤旗日曜版に載った多賀城の商工会長が業界で話題になっている。中小・自営業者に厳しい消費税増税進める2大政党、そして同じく増税を明言する維新の会はダメだ。共産党がんばれ!!」と激励をいただきました。

それを力に平沢、小村崎方面まで元気いっぱい訴えて回りました。

遠刈田温泉商店街では、いわき市から来られたみなさんが宣伝カーまでわざわざ来られて「原発のことを話していたから応援に来たよ。原発ゼロの共産党に期待します」と応援くださいました。

その後、こけし職人の方を訪ね、工房を見学させていただきました。毎回この工房の前をお借りして宣伝すると黙々と作業されている姿をお見かけします。長年続けておられるこけし作り。その粘り強さ、職人魂に頭が下がります。

夜は仙南地区青年支部の秋合宿。青年党員のみんなに宣伝のできごとを報告しました。そして、いも煮。作り過ぎて5杯たべました。


2012年10月16日のつぶやき

22:30
明日は名取と亘理で宣伝です。

日本共産党宮城3区大演説会

総選挙に向けて、日本共産党仙南地区委員会は、13日(土)午後2時(1時開場)から、岩沼市の竹駒稲荷・参集殿にて大演説会を開催します。

いまの行き詰まった政治を変える具体的な代案、将来のビジョンについて、高橋ちづ子衆院議員(比例東北)と私がお話しさせていただきます。

ぜひ、ご参加ください。多くのみなさまのご来場を心よりお待ちしています。
どうぞよろしくお願いいたします。



実りの秋です!!

DSC_0600.JPG
農水省発表の2011年産米生産費調査によると玄米60キロ当たり全国平均で1万6千円となり、前年比3・6%の減少でした。

米生産費は地方の中小企業所並みの労賃を稲作農家が確保できるとする米価水準を毎年調査するものです。

環太平洋連携協定(TTP)参加で関税を撤廃すると日本の農業は壊滅的被害を受け、米価が下がると生産費が下がっても農家の経営は崖っぷちに追い込まれます。

宮城県では、全県いっせいに先月、米の放射能検査が行われ、丸森や白石でも基準値(新基準値は1キログラムあたり100ベクレル)を越えず、出荷自粛解除となり、品質、収量ともに上々、豊作となっています。

稲刈り真っ盛りのこの季節、原発ゼロ、TTP参加ストップのために決意を新たにする思いです。


第49回しんぶん赤旗囲碁・将棋仙南地区大会

DSC_0604.JPG
「第49回しんぶん赤旗囲碁・将棋仙南地区大会」が岩沼市民会館を会場に青年から80代の方まで幅広い年齢層の40人近い参加者で開催され、熱戦が繰り広げられました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

私は「日本の伝統文化である囲碁・将棋の普及、発展に力を尽くしています。関西棋院からも普及に貢献したと賞も頂いています。人気の将棋マンガ、『3月のライオン』にもしんぶん赤旗新人王戦が紹介されています」と挨拶させていただきました。

写真は囲碁決勝戦を邪魔にならぬようこっそり観戦したところです。

対局者のまわりを取り囲むみなさんも息をつめて見守っています。

時折、深いため息や唸る声も。真剣勝負するみなさんを見て、私も選挙がんばるぞ!!と元気をいただきました。

この大会は毎年行っています(昨年は震災で中止)。上位入賞者は宮城県大会に出場できます。

来年も多くの方々にご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。

越河・斎川で宣伝

DSC_0611.JPG
福島県境の白石市越河地域、そして斎川地域で政策を初めて訴えてきました。

写真は福島県の看板が見えるところ、宮城3区の端まで行ったことに感動!!

地域のみなさんからは「県内で特に放射線量が高いところ。小学校の除染に苦労した。民主党政権の2030年末まで原発を動かし続ける政策に腹が立つ。消費税増税の是非では意見が分かれるが、原発ゼロと具体的に訴えている共産党に期待したい」等、特に放射能汚染対策と原発ゼロへの要望を多く伺いました。

岩沼市長・副市長と懇談

岩沼市議団と私で井口経明岩沼市長と菊地啓夫副市長を訪問し、13日の演説会の案内をさせていただくとともに復興の課題についてお話を伺ってきました。

お二人からは「市役所の耐震補強を早急に行った。しかし、遅く行った自治体に補助率が高い不平等が生じた。さかのぼって補助する仕組みが必要」「復興に本格的に取り組む来年、再来年に国の財政負担がしっかり出るかが問題だ」などのお話がありました。

私からは、先に菊地副市長はじめ、各部局長から伺ったご意見、「災害危険区域の指定前に先行個別移転した世帯が支援対象から外れるがけ地近接等危険住宅移転事業の改善」、そして「民間借り上げ・みなし仮設住宅世帯対象の地域コミュニティ被災支援事業・きづなプロジェクトへの国の支援を2013年度で打ち切らず、期限延長するべき」という点を政府交渉で関係省庁に求めたことを報告しました。

今後もご意見を伺い、自治体の要望実現のために全力を尽くします。

2012年09月23日のつぶやき

10:40
尖閣諸島と竹島の領土問題 http://t.co/Z02BZXS7 #jugem_blog
12:43
安心の社会保障 道を示す党は http://t.co/Gk7FtGrX #jugem_blog


PR

最新記事

カテゴリー

過去の記事

吉田ごうのプロフィール

記事を検索

RSSフィード

QRコード

qrcode